オニグルミのちりとり

オニグルミ

鬼のように硬いクルミです。
いやほんと、これマジで、おっと最後がとっても軽くなりました。

これはちょっとお試しで作ってみました。
材はブラックウォルナットに比べ少し柔らかめです。
使用に耐える限界の硬さかなぁ個人的に。
色が優しめのブラウンです。

今後ブログにあげようと思っているのですが、
去年の夏に秋田の横手市のリンゴ農家さんのお家にリンゴの木を貰いにいきました。
ただいま乾燥中で。
色々作業中の写真なども送っていただいたのであげようと思っていたのですが流れ流れていまになりまして。ごめんなさい。
それはさておき。。。

そのときに奥様の実家でクルミの木が邪魔で切り倒したからいるんだったら持っていきなといわれ、いいんですかと伺いながらも、首を何度も縦に振りました。
実際に伺ってみると結構な巨大な丸太さんでした。

大型トラックでくればよかったとか思いつつ小さなかけらをいくらかいただいて参りました。
一緒にクルミの実もいただきました。

それを無理矢理知識なしに根性の製材。
大変でした。

その様子もいつかブログにあげます。

実家にクルミを持ち帰ると母は喜んで調べだし、
実を食べようとしました。

しかーし、

これが
割れないこと割れないこと。
根性で割ってみたところ、今度は実がぎっしり。。

ぽろっととれてパックっと行きたいところが全くうまく行かず。

いくつか試し母はいらないという始末。。。

それぐらい硬いぜオニグルミ。
という話でした。

で、本題のちりとりですが。

 
色味は下の写真の方が正しいです。

いつだか述べました赤身と白太。
木の中心の方が濃い方で、赤身。
白い方が木の外側の方で、白太。

単純に濃い方が素材として強いです。
白い方は弱いのですが、
構造などで使われない限り、
無理な使い方をしなければ問題ない部分です。

そしてその移り変わりの部分にとっても宇宙を感じてしまう私。
その境目でどのように変化していくんだろうと想像しただけでよだれが出ます。

硬さが違うので、加工にちょっとした工夫が必要ですがそんなことより
その面白さをモノに込められる。うれしいことです。

いくつか嫁いで行ったチリトリさん達。がんばって長いこと働いてください。

木が変化しても
ゴミを掬う面の真ん中が下に落ち込むように加工したつもりです。(Uの字になる感じ)
(何年かすれば必ず落ちるかと)
そしてほぼ完成の前段階までもっていき、しばらく置いておいたので
そこまで変化しないはずですが、

もし変な変化をしたりしてゴミを掬えないなど、普通に使っていて割れてしまったなど何か問題がありましたら気軽に一報ください。
いつ買ったからなど関係なく続けている以上は作ったものの面倒見させていただきますので。
落として掬うところが欠けてしまったなども対応いたしますよ。
(モノによってはちょいと有償になるやも知れませんが)どうぞよろしくお願いいたします。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 手を作る
    藤本雄策
  • 手を作る
    コナ
  • 手を作る
    藤本雄策
  • 手を作る
    コナ
  • 藤本雄策個展 "Ki to Te to Ne" in みずのそら
    藤本雄策
  • 藤本雄策個展 "Ki to Te to Ne" in みずのそら
    aomatsuh
  • イロいろボタン
    aomatsu
  • nuu amu tsumugu in spiral marketまでもうすぐです。
    藤本雄策
  • nuu amu tsumugu in spiral marketまでもうすぐです。
    sugizaki
  • クラーヴェさんへ発送。
    藤本雄策

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM