ほぼ日作品大賞 授賞式

行ってまいりました。

ホテルクラスカ。
これまで何度も目の前を通り過ぎて来ましたが
前の職場が近かったので。
何年越しかの初入場です。



何と言いますか自分の作品とか、展示風景とか、写真を撮り忘れました。。。

ふわっふぅぁしていて。。

審査員の方ともまともにお話出来ませんで。。
どこの馬の骨かもわからん若者が話しかけるわけにもとか思ってしまい。
いちお主役だったのでしょうが。。

糸井さんと嫁さんと3人で撮ってもらいました。


笑っていたつもりが固いです。
全てが固かったです。

受賞者全員に大賞のsunuiさんのカンカンバッチが配られました。



それぞれの作品のイメージで作ってくださって。
僕のはバナナカラーでした。
素敵ですよ〜

ほぼ日 作品大賞展あるみたいです

こんなDMが届きました。



10月4日 『第1回 ほぼ日作品大賞』の授賞式であります。

華やかな舞台に似つかわしくない僕ですが。
今からパニックですが。


その翌日からなのですが

10月5日(火)〜10月24日(日)まで、

審査員の大熊健郎さんのギャラリー
CLASKA Gallery & Shop “DO”にて、
「ほぼ日作品大賞展」があるそうです。

詳細などまだよくわかりませんが。
詳しくわかりましたらアップいたします。

なんだか生活費を稼ぐのでいっぱいいっぱいでありまして(笑)

後々の展示への準備の為の自由な時間を得る為の先行投資(体の)。
がんばるぞぇ(ランラン)

樹木辞典0001 モミジバスズカケノキ



横浜赤レンガのchipsの時に見つけた木

名前が分かりました。

モミジバスズカケノキ

互生・落葉広葉樹


スズカケノキ と アメリカスズカケノキの交配種らしいです。

球状の実(というか果実?)がとっても印象的で
毎日通るたびに気になってジーっと眺めてしまいました。
食べたらおいしいのかなとかいろいろ妄想しながら。

結果4日目にはやってはいけないことをしてしまい飾られていました。。。




街路樹として植栽されているそうで結構目にすることは多いみたいです。


ちなみに今のところ

原寸図鑑
葉っぱでおぼえる樹木 ・ 濱野周泰  / 柏書房

という何とも僕の夢を形にしたような本がありまして
そこからの抜粋です。
何気思ったより種類は載っていない気もするんですが、
今No2まで出ていて(no1は300種・no2は235種)
これで沖縄から北海道まで行けちゃうみたいです。
2でも世界進出してるけど
ワールドワイドに10くらい出てほしいなぁ。

樫とか水楢とかとオークの差とかとっても気になります。

こんなマニアックな本があることと
それを探して買う人にびっくりだ
と言われたことがありますがなんでか未だに理解ができません。

嫁さんにもふ〜んといわれる始末。

実際の葉っぱを集めて
そこに押し花形式で挟んでいって
コンプリートしたらどんなにか幸せでしょう。

最近は環境保護だと、ヤタラめったら引きちぎれませんが。


いつも2〜3枚の葉っぱなので
立ち木の勉強としてどうかご勘弁いただきたい;;
将来大事な資料と成りましょう。

怒られるかなぁ。ドキドキですが。
正々堂々と取れるいい採取の方法ないものでしょうかね。

辞典といいつつメチャクッチャに説明の文章少ないですが
チョコチョコ足してきます。

ほぼ日作品大賞 糸井重里賞受賞!

遅くなりましたが

みなさん、なんと糸井さん選んでくださいました。

バナナの餌にくいっと食いついていただきました。



私事ですが、キャラがある人ってうらやましいなと
生まれてこの方ずっと思っています。
いいな。キャラ。薄いからなぁ俺。
俺バナナの人になるのかな。
だったらカラクリの人になりたいな。
どっちでもいいけど。
カピバラとか言われたことあるけど。納得したこともあるけど
カピバラ自体が、、ね。よくわからんし。

おっと冒頭から話が意味わからぬ方向に。


いや〜これまで何本売ったのかなぁ。

とんでもない値段で買っていただいた方に
(いちお手間はかかっているので分かってくださいね。)
やっと少しながら報いることができたのかなぁと思います。

これまで作り続けてこれたのも
僕の作ったものに魅力を感じて買ってくださった方々。
応援したいからと買っていってくださった方々。
たくさんの方がたに勇気をもらって
いまだに片手間ながら
作品を作り続けていられるわけで。

なのにもかかわらず前回、前々回ともはがきを送らず。。ごめんなさい。
お金もないのと、何より時間がありませんでした。
それにプラスしてスパイラルから皆さんにこりゃあ新しい!というものがまだ作れていない、それで来てもらうには申し訳ないと思ってしまうのもあったり。
はがき代も気がつけば万をゆうに超えるようになっていたり。
今の経済状況的に首をキュッキュッと絞められる思いであったり。

あ、また話が。


とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。


いま送る分準備しておりますのでもう少々お待ちください。
ここ二日ほどやっと体も元気で少し時間ができました。
月末までには確実に。

バナナは売られるのかな。バナナ販売って難しそうだな。
価格的にも別に手ごろじゃないし。
も少し高くできればもっとがんばって細かいとこ作るのになぁ。
今が現状では限界なきもするし。
そこに合わせて作っている自分もいたりして。
なんだか悲しいな。

とりあえずいいカメラゲットした(父のだけど)のでいい写真を撮るぞ。
いい動画撮って載せるんだ!
まずはお勉強しなくては。

後日、カラクリの
引き出しの中の王様、ピーピングドーム(PeepingDome)動画作って載せますので乞うご期待!

あとそろそろ木についてのブログも始める、ぞ!

あ、「カクレカラクリ」楽しかったです。
遅いけど、とうとう読みました。
ぜひ読んでください。あの装丁を探して(笑)
読み終えてなんだか使っていただいた理由が分かった気がしました。
とはいえ、まだ僕のレベル低いのであの作品に追いつくようにがんばるぞ!

展示です。僕のではありません2

自宅に帰ってみたら。
葉書が届いていました。



剱持耕平君の展示です!
僕は生まれかわれるなら彼になりたい!と思うほど作品は才能にあふれております。
出会いは大学3年のときだったかな。4年だった気も。
ムサビの芸術祭の展示が隣だったのです。
やっぱり3年ですね。

素敵過ぎる人形を製作していました。
何気にうちには馬とか蛙とか歯ブラシとかコップとかいろいろあります。

剱持君の目にはこうやってものは見えているのかな?って思うとうらやましすぎてなりません。素敵過ぎる世界観。

ある意味で無いものねだりなのかも知れませんが僕にもこんな才能があればもっと作品たくさん作れるのになぁと思います。

彼に出会ってこんなレベルでは自分は作家としてなんて生きていけないと思いました。
負けたくないなと思っても作品を見るたびに完敗です。
いつか横に並べてどっちもいいね〜って悩まれるくらいの作家になりたいものです。
いつか一緒に展示ができたらいいなぁと夢見る限りです。

展示情報

剱持耕平 陶ミニアチュール
kohei kenmotsu Miniature Ceramics


2010年 9月4日(土)〜9月11日(土)

12:30〜19:00
会期中無休
最終日17:00まで

Ecru+HM
104-0061
東京都中央区銀座1−9−8奥野ビル4F



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 手を作る
    藤本雄策
  • 手を作る
    コナ
  • 手を作る
    藤本雄策
  • 手を作る
    コナ
  • 藤本雄策個展 "Ki to Te to Ne" in みずのそら
    藤本雄策
  • 藤本雄策個展 "Ki to Te to Ne" in みずのそら
    aomatsuh
  • イロいろボタン
    aomatsu
  • nuu amu tsumugu in spiral marketまでもうすぐです。
    藤本雄策
  • nuu amu tsumugu in spiral marketまでもうすぐです。
    sugizaki
  • クラーヴェさんへ発送。
    藤本雄策

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM