ハタガネ



キラキラのハタガネ。
錆び錆びのハタガネ。

どちらがいいか。

一見ピカピカがいいのですが
さびさびの方が優れものなのです。

ピカピカのはホームセンターなどで今売っているもので。

さびさびのは昔の職人さんの使っていたもの、の中古品。

ピカピカも普通に使えます。
でも食いつきが違う。
粘りがあるのです。

ここまで違うかというくらい作業性がよいです。


イチョウまな板

だいぶ前に丸太から割いてみたイチョウの丸太。

そろそろ加工を初めてみました。

手始めにまな板作ってみました。



雷で折れたイチョウなので結構ワレが入っていました。
割れていたところだけ切ったのでちょっとイビツだったりします。
一番無駄にならない形が自然かなと思われて。

最後はカンナがけ。
久々のカンナがけはテンションあがりました。

側面に焼き印。これだけで愛着が湧くもんですね。


香りが強くて。
まだ乾燥たらんのかな。
良い香ですが、ちょっと鼻につきます。

使用後の乾燥のさせ易さなど使いながら考えて行ってみようかと。
自立させようかな。接点を小さくしようかな。

なぜ木のまな板?

それは
1に刃物を傷めないからです。
  軟らかいからね。
  針葉樹がおすすめです。
  固めの広葉樹ではプラスチックと一緒だなと思います。

2に口に入れるなら木かなと。
  まな板が切っているうちに小さな破片が料理に入り、口に入った時
  口に入れたいのはプラスチックか木か。といったところで。
  
イチョウは殺菌作用も合ってまな板向きらしいです。


包丁はムサビ時代に行っていた刃物屋さんの包丁で。
ちなみに林檎切って食べました。
しっかり鍛接・鍛造されていて木目のような金属の層が表面に出ています。
何層もの鋼を重ねて金属をこねて叩いているのでそういった表面になります。
なまくらナマクラと良く言いますが
『鈍ら』
焼きがしっかり入っていないということで。
結局良い鋼を使ってしっかり鍛られた金属があって初めて
固く粘りのある刃物となるわけで。

安い刃物は結局固かったとしても粘りが無く直ぐ欠ける、か、
軟らかくて刃が付かなくてまったく切れない、
切れても長切れしない、などなど。
金属も奥が深っです。

焼き入れも温度管理が難しくて。
何事も極めようとしたら一生かかるのでしょうね。

何でもお金をかければ良いものが手に入りますが
身の丈に合ったものを手に入れたいもので。
モノを見る目って大切です。


長くなってきました。
そろそろ辞めときます。
気が向いたら続きを後日。

ぬくもりの部屋 無事終了いたしました。



ぬくもりの部屋 無事終了いたしました。

本当に沢山の方にご来場頂き感謝感激でした。

後でプラスして更新しま〜す。


で、
続きですが、



本日発送いたしました。

青林檎とクジラです。

やっとこれで展示が終わったって感じがします。

お待たせしてしまって申し訳ないです。
もう1日お待ちください。


そして、散らかり過ぎた工房を片すため、


2階をこしらえました。

前に比べたら天と地の差がありますが。
これでストーブのぬくもりも少しは抜けずに暖まるのでしょうか。
タイツはいて
ズボンはいて
作業ズボンはいて
ふかふかのズボンはいて
それでも寒い。
red wing履いても指先が麻痺してくる。


薪ストーブデビューしたいなぁ。
火は違うんだろうな。
ジェットヒーター賄う石油買う金はないし。

少しずつ情報は集めてはいるのですが。
ホントに上から下までございますが。
素敵なの沢山あるけど高くても10万以下でないとホント無理ですなぁ。
どなたか詳しい方いないかなぁ。

とりあえず絶対2重煙突!
そこは外せません。
ズボラだもんで。
安全だし。

とにかく明日2階は完成させ早くスパイラルの準備せねば。
寒さもガッツで我慢!

次回は5月のゴールデンウィーク!
習作で終わりそうだなぁ。何とかぐるぐるするものが作りたいけど。

とりあえずやれることをやるまでです。
頑張るぞ!

展示も見に行きたいし、お店巡りもしたいし、
あ、まだ前に勤めていた店に顔出していない;;;
来週かなぁ。

ぬくもりの部屋 in吉祥寺mono gallery

2日目終わり今帰宅しました。
この往復賃ハンパ無いです。

日々の出来事の更新をと思ってはいるのですが。。
良いデジカメを買ってからとおもって思ったきりまだ買えず。

そしてせっかく今日は展示の模様をアップしようと思っていたにも関わらず
まともに写真をとっていなかったりして。ぐだぐだにも程があります。



ペン立て。
欅と神代ケヤキ。
今回はごくシンプルに。
使いやすいものをめざして。
サイドの仕切りが外せてポストカードも入れれます。
挿し心地も気持ちいいなという具合にしてみたつもりです。



恒例と言いますか
林檎です。
バナナもあります。

無着色です。


林檎の木。
と新作のニワトリとワニやらです。
相方のイラストに少し手を加えたりして作りました。

これまた無着色。
ペクイア サティーネ チーク 神代ケヤキ メープル 黒檀 ケヤキ
を使っています。

これから色々と展開して行きたいと思っています。

あと最後に


これは僕が学生時代に作ったもののリメイクで。
なんだか可愛くてずっと使っているもので。

フタの部分を色々変えて作ってみました。

友人の作品もホント素敵で。
明日アップ出来たらします。
終わってからかな。。

色々悩むことも沢山出来ました。
頑張らねば。

今日は久々に会えた方が沢山で。
幸せでした。感謝です。
高いのに買っていただいた方。
心から感謝いたします。
ホントに申し訳ないです。
もっと手を早くしてもっと頭使って安く、もっと良いものを。
ミニ林檎お届けいたしますので少々お待ちください。

ここいらで失礼いたします。
朝少しパンかじっただけで何も食べていなかったりします。
頭を色々なことがぐるぐるして食べるという機能がドコかへ行ってしまっているようで。
これからちょいと休みます。
ではでは。

命あるものとして

久々です。なんだか止まってしまって書けなくて
もう一月前になりますが
ウチの愛猫が人生(猫生)を全うしてまた別の世界へ旅立ちました。

19年生きました。
猫にしたらかなりの長寿。
最近ではめずらしく無いみたいだけど。
ウチのは産まれたとき未熟児で他の子に遅れをとり
半年は保たないといわれました。
、、、気がついてみれば元気にすくすくと育ちそんな心配はどこへやら。 

でもサイズはずっと子猫のまま。
どっかのノラと争っても威勢は良いけど逃げ帰って来る。

年をとりどんどん人間臭くなり食卓にも乗るようになったり。
だんだん食べも悪くなり薬を飲みながらの生活だったけどホントに精一杯生きた。

いなくなって初めて気づくって本当ですね。
現実を目の当たりにした時っていうのはどんだけ心の準備して待ってもそんなことは無意味なんだなと確信した。

自分もいつなんどきいつ命が途切れるかもわからない。

限られた時間の中で得られるものはほんの一握り。
得るものを自分で選択する決断を日々している。
生き方そのものが決断なのかな。

いつかはわからないがいつかは来るその時に後悔しない生き方ができているのかな。

なにはともあれ全力で前進あるのみです。


余談ですが
生き物って心臓の鼓動の回数で寿命が決まってるって本当なのかな。

うちの美人猫です。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 手を作る
    藤本雄策
  • 手を作る
    コナ
  • 手を作る
    藤本雄策
  • 手を作る
    コナ
  • 藤本雄策個展 "Ki to Te to Ne" in みずのそら
    藤本雄策
  • 藤本雄策個展 "Ki to Te to Ne" in みずのそら
    aomatsuh
  • イロいろボタン
    aomatsu
  • nuu amu tsumugu in spiral marketまでもうすぐです。
    藤本雄策
  • nuu amu tsumugu in spiral marketまでもうすぐです。
    sugizaki
  • クラーヴェさんへ発送。
    藤本雄策

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM